PDCAって知ってる? その1

はじめに

みなさんは仕事とか、作業とかでPDCAって聞いたことありませんか?

 

ビジネス書とかを見に行くとたくさん並んでいるのですが、

今回は、そんなPDCAについて書いていきたいと思います。

 

PDCA

そもそも、PDCAってなに?って方も多いと思います。

ここでは、詳しく見ていきたいと思います。

PDCAとは?

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)

の頭文字をとって「PDCA」と呼びます。

 

そして、計画から改善までを1つのサイクルとして行うことから、

PDCAサイクルなどとも呼ばれています。

失敗を繰り返さない

計画を実行に移しただけでは、改善されることはなく、

ただただ、やってみただけ、という状態になってしまいます。

 

また、ミスをしてしまっても、なんでミスをしたかを考えないでうやむやに

してしまうと、また、同じミスをしてしまう。

 

PDCAでは、成功しても失敗してもしっかりと評価の段階を踏むことで、

次に生かせる状態にすることで次につなげていくのです。

Plan(計画)

ゴール(目標)を設定し、そのために何をするのかという

仮説を立てて、政策を考える。

 

まずはゴールを決める。

Planの段階では、まずゴール(目標)を設定するところから始めます。

それは売り上げ目標でもいいですし、

決められた期限に完成させる、でもいいですし、

blogを毎日更新する、なんて目標でも大丈夫です。

 

ゴール(目標)と今の自分の距離を測る。

 

次に、今の自分とゴール(目標)との間にはどのくらいの距離が

あるのかを知ることが大切です。

 

例えば、売り上げ目標なら、いくら足りないのが、

決められた期限に完成させるためには、進行度のどの程度なのか、

blogを毎日更新するのには、どのくらいのペースでやればいいのか。

順番も大切

そも目標に対してどういう順番で行くのか、

例えば、ブログですと、

題材を決めて→リサーチして→ターゲットを想定して→どんな項目で書くかを決め→

記事を書き→タイトルを付ける。

など、多少前後しても大丈夫なものもありますが、

記事を書いてからリサーチして、などの順番でやると

余計に時間がかかってしまいますので、

 

事前にどの順番でやるのかを決めていくことも大切です。

 

飲食店でしたら、目標が売り上げ3%アップ、とかですと

  • 新メニュー開発
  • POP作成
  • 呼び込み
  • SNSで拡散

などですかね?

いきなりSNSで新メニュー出します、も大切ですが、見切り発車過ぎるので、

新メニューを開発→POPを作成→SNSで拡散→呼び込み、

の順でやることで、スムーズに時間のロスも少なくできると思います。

 

 

 

スタッドレスタイヤって何が違うの?

f:id:ypen:20191025182315j:plain

はじめに

みなさんのお住まいには雪は降りますが?

自分のところはそれほど降らないんですが、

たまに降ったり、少し移動すると降っていたりするのですが、

 

そんな時に必要なのがスタッドレスタイヤ

 

 ノーマルとスタッドレスの違い

そして、ノーマルタイヤスタッドレスタイヤは何が

違うのかという人も多いと思いますので、

今回は、その違いについて書いていきたいと思います。

ノーマルタイヤ

ノーマルタイヤは普段みなさんの車で使用している

タイヤだと思います。

 

別名、夏タイヤなんて言われたりもしますね。

このタイヤは舗装された路面での性能を重視し、

晴れの日はもちろん、雨の日にも滑りにくく、

しっかり止まれるように設計されています。

スタッドレスタイヤ

もともと、冬用のタイヤとして開発されていたのは

スパイクのついたタイヤでした。

 

ですが、そのタイヤにスパイクが付いた状態での走行は、

極端に路面を傷つけてしまう弊害が起きたため、廃止になってしまいます。

 

そうして、新しく作られたのがスタッドレスタイヤです。

 

スタッド(スパイク)レス(使わない)タイヤ、でスタッドレスタイヤ

呼ばれています。

 溝が違う

スタッドレスタイヤノーマルタイヤよりも深い溝が刻まれています。

この溝が雪を噛んでできる雪の柱を利用して駆動力を得て進んでいきます。

 

これにより雪道でも滑らずに走行することができます。

また、この溝が多きければ大きいほど雪道では効果を発揮し、滑りにくく

進んでいきますが、この溝が深ければ深いほど、路面との設置面積が減り、

雨や氷の上でのグリップ力が低くなり、滑りやすくなってしまいます。

 

そのため、各社ではその溝の形や深さを工夫して、

雪道での走行性能と、雨や氷の上での走行性能のバランスを保つための

工夫をしています。

やわらかい素材

そして、スタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤに比べ、

材質も柔らかく作られています。

 

気温の低いところでの走行を考えて作られているので、

低温化でも硬化しにくいように気泡を含んだゴムを使用したり、

コンパウンドと呼ばれる細かな粒子を練りこむことで摩擦力を高めたりと

様々な工夫もされています。

問題点

雪道での走行に特化したスタッドレスタイヤだからこそ、

問題点もあります。

 

基本的に雪道には強いですが、その性質上、

雨と氷には弱くなってしまいます。

 

また、ノーマルタイヤとは違い、やわらかい材質で作られていますので、

冬のシーズンを終え、そのまま履いたままですと、

溝の減りも早く、劣化も早くなってしまいます。

 

また、1シーズンだから中古や、外国のでもいいと思う方もいると

思います、その場合は、年式よりも、

柔らかさと、溝を確認して購入することをお勧めします。

最後に

自分はウィンタースポーツも多少しますので、

冬はスタッドレスに履き替えますが、やはり、雨の日の走行や、

雪が降った次の日、雪の下では解けた雪が氷になっている場合もあるので、

特に注意が必要で、スタッドレスタイヤを履いているから大丈夫。

と考えるのではなく、しっかりと安全運転を心がけることが大切です。

 

 

 

 

 

秋の読書におすすめしたい個人的best3

f:id:ypen:20190901214233j:plain

はじめに

 

読書の秋、楽しんでいますか?

自分は、今回のお休みは本屋さんに行っても

しっくりくる出会いはなかったから、

また、別の本屋さんに行ってみるんですが、

 

今回は、読書の秋、ということで、

個人的におすすめの本を5つ紹介していきたいと思います。

 

第3位

もしアドラーが上司だったら

小倉 広さん著の本です。

 

以前ブームになったアドラー心理学を下地に、

もしアドラー心理学を学んだ人が上司だったら?

 

人間関係の悩みを解決し、

 仕事で結果を出す方法をドラさんが教えていきます。

 

ダメダメ営業マンのリョウが、

上司のドラさんがだす12の宿題を実行していくと、

どんどん仕事が楽しくなっていって、

そして結果もついてくるように

 

ダメダメだったリョウの成長を喜んだり、

ダメなところに共感したり、読んでいると

自分の職場では、とふと考えるようになり、

 

そして、自然と対人関係の悩みが解決することも。

 

アドラー心理学の嫌われる勇気は敷居が高くて難しい方でも、

「もしアドラーが上司だったら」は小説で、とても読みやすく

なっていますので、ぜひ読んでみてください!

第2位

神様のごちそう

石田 空さん著の本です。

 

もともとは「小説を読もう」で書かれていましたが、

書籍化されたものです。

 

調理学校入学式を目前に、成り行き上足を踏み入れた神社で

神隠しに遭ってしまった梨花

 

そしてその神社で出会った先で任命されたのは

神様のごはん係!

 

わがままな神様の無茶ぶりにも対応しながら、

付喪神様に賄いを出しつつ、手伝ってもらいながら

神域では今日もごはんを作っていきます。

 

神様は人からの信仰が減ると力も失っていってしまう。

そんな力を失った神様を成り行きとはいえ、

笑顔にしたと行動した梨花の物語です。

 

誰かの為にと思って丁寧に心を込めて料理するという

ことが伝わる小説です。

 

のんびり、暖かい物語が読みたい、

優しい物語が読みたいという方はぜひ読んでみてください。

 

第1位

マカン・マラン

いろいろ悩みましたが、1位はこれかなと?

 

古内 一絵さん著の本です。

 

いろいろな悩みを抱えた人々が、隠れ家的存在の夜食カフェに行きつき、

おいしい料理と優しい人たちとの出会いで元気になっていく物語。

 

以前にも記事にしていますので、詳しくはこちらで。

 

www.ypen.work

 

上記の記事でいろいろ書いていますので、割愛します!笑

最後に

秋には、いろいろ考えることも増え、対人関係の悩みが増えたり、

することから第3位を、

 

さみしくなる秋には、心温まる、優しい物語を、ということで第2位を

 

そして、秋には、いろいろな痛みややさしさ、ぬくもりを

感じることができる、そんなじんわりとしたぬくもりをくれる本で

第1位を決めました。

 

みなさんは秋の夜長、暖かい飲み物を飲みながら、

どんな物語を読みますか?

 

 

もしアドラーが上司だったら

もしアドラーが上司だったら

 

 

 

神様のごちそう (マイナビ出版ファン文庫)

神様のごちそう (マイナビ出版ファン文庫)

 

 

 

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ

マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ

 

 

 

食欲の秋?食欲が増えるのには理由がある!

はじめに

最近は、朝晩はかなり肌寒くなり、

毛布や冬布団を出し始めたり、ストーブとは出してる人も多いのでは?

 

そして、そんな寒くなり始めのこの頃、季節は秋になりますが、

そんな秋には

食欲の秋

読書の秋

スポーツの秋、などなど、いろいろな

○○の秋、と呼ばれたりしていますよね、

 

今回は、そんな秋について書いていこうと思います。

食欲の秋

食欲の秋の由来は諸説ありますが、

秋はさつまいもや、栗、梨、ぶどうなどの野菜や果物、

そしてお米も旬の時期を迎えます。

 

そして、多くの食材が旬を迎える秋は、他の季節よりも

食欲が増す、ということから「食欲の秋」と呼ばれるようになりました。

セロトニンが関係している?

秋になると食欲が増しますが、ではなぜかというと、

セロトニンが関係しているといわれています。

 

セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれ、満腹感を与えて

食欲を抑える働きがあります。

この成分は、日光に当たる時間と比例して、太陽の光を浴びる時間が

増えると増え、太陽の光を浴びる時間が短いと減ってしまいます。

 

そして秋は日が短くなります、つまり、太陽の光を浴びる時間が

減ることから、セロトニンが減り、満腹感を感じにくく、

その幸せを得るために普段よりも食べてしまう、ということですね。

本能が関係している?

あくまでも人間は動物です。

 

そして、秋になると猿が里に下りて被害を出したり、

クマが人里に下りてきたりというニュースが増える季節でもあります。

 

それは、秋には冬眠に備え、動物は食べ物をたくさん食べ、

冬に備え、脂肪をため込む時期でもあります。

 

そして、その本能は人間にも残っているといわれ、

人も秋になると食欲が増すとも言われています。

外気温も関係してる?

人は外気温が暑い時は体の熱を逃がそうを汗をかきます。

ですが外気温が寒いと体を温めようと基礎代謝があがります。

 

そして基礎代謝が上がるとそれだけエネルギーを使いますので、

お腹が減ります。

 

そして、秋は食べてしまって太りやすい時期ですが、冬にかけ、外気温が下がると体を温めようと

基礎代謝が上がってきますので、ダイエットしやすい季節ですね。

秋は太りやすい?

秋に太りやすいのは自律神経が関係しているといわれています。

自律神経は体の消化器や、循環器の働きをサポートしている神経で、

交感神経と副交感神経の二つが切り替わり、生活しています。

 

日中は交感神経が優位になって、体が動きやすいように、

代謝を上げたり、警戒心が強くなったりといった行動するために適した

体制に整えます。

 

夜は副交感神経が優位になり、体をリラックスさせて休ませようとします。

そしてこの時、体の活動量が低くなり、遅い時間にご飯を食べると、

エネルギーも消費されにくく、そのまま脂肪として蓄積されていってしまいます。

最後に

食欲の秋には、たくさんの知らない理由が隠されていました。

 

自分は秋は、サンマとか、銀杏とか好きなんですが、

ほんとおいしいものがたくさんですよね、

そして、新米もありますしね、

 

ですが、ついつい食べ過ぎてしまう秋だからこそ、

適度な量を守り、しっかり自分を管理できたらと思います。

 

 

神様のごちそう

f:id:ypen:20191016195654j:plain

はじめに

神様のごちそうはもともとは、小説を読もうに連載されていた

小説になります。

 

暖かく、心温まる物語、そんな物語を今回は、紹介していきます。

神様のごちそう

神様のごちそう

 石田 空著。

マイナビ出版ファン文庫

あらすじ

夏目食堂の娘・梨花は、近所の神社でお腹を空かせた男を助けたことで

神様の料理番」に任命され、神隠しに遭う。

 

行き着いたのは「神域」といわれる神様の世界。

突然のことに混乱する梨花の前に現れたのは、

美しい神様・御先様(みさきさま)だった。

御先様に「おいしい」といわせるべく、愛らしい付喪神たちと共に

奮闘する梨花

 

徐々に神域の謎や御先様の悲しい過去も明らかになっていく。

見どころ

梨花がとにかく、優しく、頑張り屋でいい子です!

 

基本的には、いきなりさらわれてその場所で料理を作れ、となりますが、

まともな調味料もないところからスタートしますが、

 

少しでもおいしいものを、喜んでもらえるものをと、

必死に考え、その場でできる精一杯のことをしている姿は心温まります。

 

御先様がわかりにくい!

御先様は、信仰をしてくれる人が減り、力を失っている神様ですが、

とにかくそのやさしさがわかりにくいです。

 

本当はすごく人が好きで、いつも気にかけているのに、そのやさしさは

伝わりにくく、突き放すような言い方になってしまったり、

人を遠ざけるような言動もありますが、それは人を気づつけない

ことの裏返しとわかると、すごくやさしさにほんわかします。

付喪神がかわいい!

この物語には、いろいろな付喪神が出てきます。

かまどには、火の神がいて、調理に必要な火をつけたり、

火加減を調節してくれたり、ですが自分では動けないので、

チリトリに乗っての移動です。

そして、対価にまかないを求めます。

 

ころんは、コロポックル?小人?なんですが、

基本的には畑仕事をしていて、収穫や、荷物持ちを手伝ってくれます。

小さい子がちまちまと思いものを運んでいくのはなかなかにシュールです。

でも、まかないの為に頑張ってくれます。

そして行為動力

梨花は御先様の為に、おいしいごはんを作るために、

いろいろなところへ足を運び、食材を集めては料理していきます。

 

そんな梨花ですが、後々御先様が力を取り戻せるように、

信仰を集めることができないか?と考え始めます。

 

そして、現世に帰らせてほしい、と話をして、

現世で神社に人が集まるように、信仰が少しでも戻るようにと

奮闘します。

現在の神様のごちそう

現在は、全部で4冊刊行されています。

  • 神様のごちそう
  • 神様のごちそう 神在月の宴
  • 神様のごちそう 新年の祝い膳
  • 神様のごちそう 雨乞いの新撰

最後に

神様のごちそうは本屋さんで見つけましたが、

その表紙の絵の暖かさ、綺麗さがふと目に留まり、

表紙にひとめぼれして購入しました。

 

そして、その物語の暖かさや、料理の楽しさ、

人との関わり、最後の方は梨花を応援する気持ちでいっぱいに

なりました。

 

ぜひ、みなさんも、この物語を読んでみては?

 

神様のごちそう (マイナビ出版ファン文庫)

神様のごちそう (マイナビ出版ファン文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読書の秋にも、しっかり理由がある

f:id:ypen:20191016195746j:plain

はじめに

前回は、食欲の秋について書いていきましたが、

では読書の秋はどうなのか?と思い調べてみると

いろいろな理由があることがわかりましたので、

今回はそのことをまとめていきたいと思います。

読書の秋

読書の秋、といわれるようになったのは、

その気候が読書に適しているから、という理由があるようです。

 

夏も終わり、暑さもひと段落して過ごしやすくなり、

人が集中するのに最も適している気温が18度前後といわれていますので、

 

秋の外気温はそれに近くなりますので、読書に適している、

ということですね。

 

そして、春も同じような気温になりますが、

春から夏にかけては梅雨時期もあり、湿度が高くなりますので、

適していないそうです。

古代中国の詩が元になった?

最初に秋は読書に最適だと言った記述が残っています。

 

それは古代中国の詩が元になったという説が有力で。

 

西暦700年代後半に生きた「韓愈(かんゆ)」という方が読んだ、

灯火親しむべし」という詩があります。

 

この詩の意味は

秋は過ごしやすい季節で、夜には明かりを灯して

   読書するのに最適だ。

という意味みたいです。

 

この詩が夏目漱石が「三四郎」という小説で取り上げ、

そこから読書の秋が広まったとも言われています。

最後に

自分は読書が好きで、いろいろな本を読んでいますが、

最近は、kindleという電子ペーパーで読むこともあります、

 

でも、休日は本屋さんに行き、実際にいろいろな本に触れるのが

好きで、その時の本との出会いがすごくわくわくしながらうろうろしています。笑

 

そして、秋は読書に適している季節。

心を元気にしてくれる本でも、

心がポカポカできるしんみりできる本、

わくわくするような本、

感動できる本、

いろいろありますが、

 

せっかくです、普段は触れない本に触れてみるもの楽しいと思います。

 

逢魔が時って何?

f:id:ypen:20191016100500j:plain

はじめに

みなさんは「逢魔が時」って聞いたことありますか?

 

怖い系のお話にはたまに出てきますが、逢魔が時には悪いことが

起こる、よくない時間、などとも言われていますが、

今回は、そんな逢魔が時について書いていきたいと思います。

 

逢魔が時

読み方は逢魔が時(おうまがとき)と呼びます。

 

意味としては「夕暮れ時」とされていますね。

 

逢魔が時は夕暮れ時のこと。

夕方の周りが薄暗くなり、周りの景色が見えにくくなり始める時のことを指します。

よくない時間?

逢魔が時はよくない時間、悪いことが起こる時間として人している人も多いのでは?

特に、怖いお話とかではだいたい逢魔が時に何かが起こるから

そういう認識になっているのかも?

 

そして、そんな逢魔が時には、「魔物に遭遇する時間」とも言われています。

 

そして、逢魔が時「魔に遭う時」と書き表すように

魔物や妖怪などに遭遇する怪しい時、といわれてもいます。

 

昔は夕方に薄暗くなってきたくらいに大きな災害に出くわす、

と信じられていたことがあり、薄暗く周りが見にくくなる時間は不吉な

時間であることを、意識しよう。注意しよう。

 

という呼びかけでもあるという説もあり、

「魔物や、妖怪、怪しいものに警戒する」

といった意味も込められているようです。

逢魔が時・大禍時・黄昏時

逢魔が時(おうまがとき)・大禍時(おおまがとき)・黄昏時(たそがれどき)は同じ時間を指す言葉です。

大禍時

大禍時とは、「大禍」と「時」という漢字でできています。

 

大禍という言葉自体は、「たいか」と読みます。

そして、大過の意味は「大きなわざわい、大きな災難」という意味があります。

 

ですから「大禍時」は

「大きな災いの起きやすい時間」となりますので、

逢魔が時と同じく、夕暮れ時の危険さを示しています。

黄昏時

黄昏時は意味としては「夕暮れ、夕方の薄暗い時間」という意味です。

 

逢魔が時や大禍時と同じように、夕暮れ時、周りが薄暗くなり、

周りが見えにくくなる時を示しています。

 

そして、黄昏は「黄昏る(たそがれる)」という言葉もあり、

「物思いにふける」「ぼーっとする」と

言った意味で使うことが多いと思いますが、実はそれは違います。

 

黄昏るの本来の意味は

「日が暮れて薄暗くなる」「盛りを過ぎて衰える」

という意味があります。

最後に

逢魔が時は夕方、つまり昼と夜が入れ替わるとき、ということです。

 

そして、日本は古来から信仰されていたのは太陽の女神、

天照大神を示すものとされ、その太陽が隠れる時間、

天照大神の加護が弱まり、それまで出てこられなかった妖怪や、あやかし

などが動き始める時間ということもあり、魔に遭う時、などとも

呼ばれてきたらしいです。

 

みなさんも、逢魔が時には気を付けて、暗いところなどに

足を踏み入れないようにしましょうね。