蒸し暑い時、冷房?除湿?どっち?

f:id:ypen:20190908220326j:plain

むしむしした暑さって嫌ですよね

蒸し暑いー!

今日は、台風の影響もあり、窓も締め切りの状態なので、

部屋がムシムシして、蒸し暑いんですよね…

そして、冷房を付けてもうまく冷えない…

でも、除湿って効果あるの?

と思う人に向けてその疑問を解消していきたいと思います!

冷房と、除湿の違い

まず、それぞれの機能を簡単に説明していきます。

冷房

室内の「温度」を下げることを最優先した機能。

エアコンが室内の空気を吸い込んで、空気中の熱を外に逃がして、涼しくなった空気を室内に戻します。

除湿

室内の「湿度」を下げることを最優先とした機能。

もともと空気とは、温度が高いほど、空気が保持することができる水分量が多くなります。

 

そして、エアコンの除湿では室内の空気を吸い込み、その空気を冷やし、その空気の中に含まれる水分を追い出して、その追い出された水分は水となり排出されます。

 

そして、水分をとったからっとした空気を室内に戻す、その循環で湿度を下げていきます。

どっちがいいの?

冷房も、除湿も空気を冷やすという意味では、除湿を兼ねています。

 

そして、冷房は「室温をめどにする」除湿は「湿度をめどにする」ということなので、じめじめをとりたかったら除湿。

 

単純に室温を下げたいと思ったら、冷房、が正しいですかね。

最後に

自分も、除湿したり、冷房に切り替えたりとコロコロ変えたくなりますが。

冷房も、除湿も基本的に湿度も下がるし、気温も下がるから何が違うの?

となってしまうんです。

 

そして、最近は、気温はそのままで湿度だけを下げる機能などもあるとは思うのですが、ここでは単純な、冷房と除湿の違いにスポットを当てていますので、ご了承ください。

 

この記事を読んで、みなさんが快適に過ごせますように。