ラピスラズリ

f:id:ypen:20190910145448j:plain

青、金、白が特徴のラピスラズリ

ラピスラズリ

みなさんはラピスラズリって石を知っていますか?

自分は1番好きな石なんですけど…笑

 

パワーストーンでもあるラピスラズリ、実は歴史があるって知っていました?

今回はそんなラピスラズリについて書いていこうと思います。

歴史・言い伝え

そもそも、正式には「ラピス・ラズリ」といい、和名では「瑠璃」と呼びます。

 

石を意味する「ラピス」と、青を意味する「ラズリ」から、来ていますね。

 

そして、紀元前から世界各地で聖なる石と崇められ、時には、青は夜空を、ちりばめられている金色は星を表し「天を象徴する石」ともいわれることがあったようです。

 

愛と美の女神、アフロディーテとも関係が深く、現在でも、恋愛に絶大なパワーを発揮し、大切な人との幸せを守ってくれる石でもあります。

 

日本でも、仏教で極楽浄土を飾るとされる七宝の1つに選ばれ「幸運のお守り」としても古くから愛されてきました。

 

また、古代エジプトでは最高の力を秘めた石として、黄金に匹敵するほどの価値を与えられ、ツタンカーメン王の棺の装飾としてもこの石が使われました。

 

そして、今ではなじみ深いパワーストーンと呼ばれる石たちの中でも、世界で最初に認められたのがこのラピスラズリです。

効果

  • 人格的成長の促進
  • 肉体、精神の調和
  • 邪気払い
  • 洞察力、決断力を養う
  • その人の抱える本質的な課題を表面化させる

などが挙げられます。

浄化方法

ラピスラズリは熱や圧迫にとても弱く、酸やアルカリなどの成分にも大きな影響を受けることがあり、取り扱いには注意が必要です。

 

そのため、水晶や、セージ、月光浴での浄化がお勧めです。

 

逆に日光浴や、

流水での浄化は避けましょう。

宝石言葉

  • 成功の保証
  • 幸運
  • 真実
  • 健康

誕生石

ラピスラズリ12月の誕生石でもあります。

最後に

ラピスラズリは世界で発見され、とても歴史の深い石になります。

 

また、レオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」でも、ラピスラズリを細かく砕き、絵に使用している話もあります。

 

そして、ラピスラズリは淡い青、深い青、金、白といった色が複雑に絡み合った見た目をしていて、そのきれいさからたくさんの方が身に着けています。

 

そんなラピスラズリのことを知ってもらって、

今以上に、石に愛着をもってもらえればと思います。