神無月?神在月?どっちが正しいの?

f:id:ypen:20190930164918j:plain

謎の多い出雲

初めに

とうとう10月になりましたね。

朝晩がかなり寒くなり、でも、日中は暑いくらいで、

なかなか体調を崩したりする人も多いようです。

自分の周りでも、数人風邪をひいたり、

自分も、この前風邪をひいていました…笑

 

そして、10月は旧暦で神無月や、神在月とも

呼ばれています、今回は、どちらがそのことについてお話していきたいと思います。

 

神在月と、神無月

旧暦の10月、全国的には「神無月」というのが、正しいです。

ですが、全国で一か所だけ出雲大社のある島根県では、

神在月」と呼ばれています。

 

もともと、10月は全国の八百万の神々が、出雲大社の会議に出席するために

集まるため出雲大社のある島根県だけは「神在月」そして、それ以外は

八百万の神々が出かけているため「神無月」と呼ばれています。

会議ってどんな会議?

年に1度、八百万の神々が一同に集まり、どんな会議をするかといいますと

それは

人々の運命や運、だれとだれを結婚させようか、などを話し合うとされています。

だからこそ、出雲大社は縁結びの総本山とも呼ばれているのかもしれませんね。

 

そして、その時に来年の天候や、農作物やお酒の出来などの話し合いも

行われているようです。

 

また、出雲の各神社では「神迎祭(かみむかえさい)」から始まり、

神在際(かみありさい)」そして、最後に「神等去出祭(からさでさい)」と

呼ばれる、全国の神々をお見送りする行事も行われているようです。

なぜ、出雲なのか?

では、なぜ会議の場所が出雲なのかというお話をしたいと思います。

 

神無月に全国の神々が出雲に集まるという伝承は、

平安時代の「奥義抄」以来、様々な資料に記されています。

 

大国主大神天照大神に国譲りをしたときに、

私の治めています、この現世の政事(まつりごと)は、皇孫(すめみま)、あなたが治めてください。これから私は引退して幽(かく)れたる神事を治めましょう

と言った記録が残っているようです。

 

この「幽れたる神事」は、目に見えない縁を結ぶことであり、それを治めていく

というこの神事は全国から神々をお迎えして会議をなさるのだという信仰が生まれたと

考えられてきたのです。

 

また、天を象徴する、天照大神

大地を象徴する、大国主大神

大国主大神には、たくさんの子供たちがおり、その子供たちを全国各地において、

国を管理させていました。

 

そして、その子供たちが年に一度、出雲大社に戻り、その年報告や来年の相談を

しにきていたのです。やがて、それを知ったほかの神々も一緒に出雲に集まり、

会議をするようになったともいわれています。

最後に

結論としては、神無月も、神在月も両方正しいということになりました。

 

そして、その理由としては八百万の神々が、一同に集まり、

会議をするためとのこと、自分のところは、神無月なんですが…笑

 

実は、この時、すべての神が出雲に行くわけではなく、ちゃんと残って

その土地を守っている神々もいますが、それはまた今度ということで。

 

もしかしたら、この時期に、出雲に行くと、様々なことと巡り合うことが

できるかもしれませんね?

 

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたらと思います。

 

神々集う出雲の國 神在月

神々集う出雲の國 神在月

 

 

 

日本の神様に出会う旅~出雲・島根編~ (コミックエッセイの森)

日本の神様に出会う旅~出雲・島根編~ (コミックエッセイの森)