飲食店での軽減税率

f:id:ypen:20190930172335p:plain

軽減税率?

はじめに

お疲れ様です。

 

10月になり、とうとう税率が上がりますね。

そして、税率が10%に、でも、軽減税率対象のものは

8%でと、なかなか分かりにくく、とくに飲食店での対応が難しいのですが、

今回は、そんな飲食店での軽減税率についてお話していきたいと思います。

 

軽減税率?

2019、10月から実施される軽減税率ですが、

軽減されるものは特定の品目に対してものもで、通常のものは

現在の8%から10%に上がります。

 

ちなみに、軽減税率の対象の品物は8%のままです。

 

この軽減税率は、消費税が上がることによる、消費者の負担を考え、

低取得者への負担をなるべく抑えるために制定されたものです。

軽減税率の対象になるものは?

対象となるものは大きく分けて2つあります。

1つは新聞です。また、定期購読で週2回以上発行されるものも対象になっています。

 

もう1つは、飲食料品です。

そして、問題なのがこの飲食料品、この中には、対象に含まれるものと、

含まれないものがありますので、注意が必要です。

増税になる飲食料品

酒類、外食、ケータリングや、出張料理が、通常の増税に伴い、

10%となります。

 

ですから、テイクアウト、お持ち帰り以外のものは基本的には

10%になると思っていた方がいいと思います。

軽減税率の対象となる飲食料品

ここでは簡単に軽減税率の対象となるものについて

話していきたいと思います。

 

まずは、お持ち帰りやテイクアウトで注文し、自宅などで食べる場合、

これは対象に含まれますので8%のままで大丈夫です。

 

ですが、例えば、コンビニやスーパー、サービスエリアなどでお弁当や、

テイクアウト品を購入し、その施設内でテーブルなどを使用して

食べると、軽減税率の対象外になりますので、これは10%となってしまいます。

 

そして、この規定にもその場所その場所で細かく設定され、

案内表示などが多く張り出してあると思いますので、

その場所で確認することをお勧めします。

 

ちなみに、自分の知っているところでは、テイクアウト品を購入し、

その施設ないのテーブルの使用で10%、でも、ベンチや車で食べる

方は8%と、線引きがかなりあいまいだと思いますので、

注意が必要です。

最後に

今回の増税は通常の増税、そして軽減税率による対象品の線引きが

かなりあいまいで、難しいと思います。

 

もし、施設に案内表示などがなく、わからない場合は、後でもめ事が

起こるよりも、先に店員さんやスタッフの方に聞いてみると

安心して利用することができると思います。

 

そして、テイクアウト品を購入としてレジを通してから、

やっぱり気が変わったとテーブル席の利用をした場合も、スタッフの方などは

確認が取れないので、そういうこともできていしまうのが、

判断の難しいところになると思いますが。

 

この記事を読んで、トラブルなどが少しでも減ると幸いです。

 

 

パッと見てわかる! 消費税の軽減税率Q&A

パッと見てわかる! 消費税の軽減税率Q&A

 

 

 

 

軽減税率のしくみと実務がよくわかる本

軽減税率のしくみと実務がよくわかる本