和風月名って知ってる?

f:id:ypen:20190930183112j:plain

和風名月

はじめに

みなさんは「和風月名」って聞いたことありますか?

自分は最初は、なんのことかな?って感じだったんですが…笑

 

実は、これは、「睦月」や「如月」などといった

和風の月の名前のことなんです。

 

そして今回は、そんな和風月名のことについて書いていこうと思います。

和風月名

もともと、旧暦では「和風月名(わふうげつめい)」と呼ばれる和風の呼び名を

使用し、月を分けていました。

 

和風月名は、旧暦の季節や行事に合わせたもので、現在でも使用されることは

ありますが、旧暦とは1~2か月ほどのずれがありますので、

少しちぐはぐになってしまっているかもしれません。

呼び名

  • 1月 睦月(むつき)
  • 2月 如月(きさらぎ)
  • 3月 弥生(やよい)
  • 4月 卯月(うづき)
  • 5月 皐月(さつき)
  • 6月 水無月(みなづき)
  • 7月 文月(ふみつき)
  • 8月 葉月(はづき)
  • 9月 長月(ながつき)
  • 10月 神無月(かんなづき)・神在月(かみありづき)
  • 11月 霜月(しもつき)
  • 12月 師走(しわす)

 

聞いたこともあるものも、初めて聞いたものもあると思いますが、

もともとは旧暦での呼び方なので、やっぱり少し不自然さがありますよね?

呼び方の由来

そして、呼び方の由来ですが、いくつか諸説があるのですが、

ここでは、その1つを書いていこうと思います。

 

1月 睦月

   仲睦まじい月。正月に家族や親せきでなごやかな宴を催し、むつみあうことから

   睦月といわれるようになったといわれています。

2月 如月

   如月はという漢字は、中国最古の辞書「爾雅(じが)」の「2月を如となす」

   という記述に由来するようです。ですが、中国では「きさらぎ」とは読まず。

   旧暦の2月は現在の3月半ばなので、寒さがぶり返しいったん脱いだ衣を更に

   着る月という意味の「衣意着」が「きさらぎ」になったといわれています。

3月 弥生

   暖かな陽気にすべての草木がいよいよ茂るという意味の「弥生(いやおい)」

   から「弥生(やよい)」になったとされています。

4月 卯月

   卯の花(うつぎの花)が盛りになる月。

   また、田植えをするから「植える月」「うづき」になったという説もあります。

5月 皐月

   早苗を植える「早苗月(さなえづき)」が略されて「さつき」となり、

   その後「皐月」という字があてられました。

   また「皐」という字には水田という意味もあります。

6月 水無月

   旧暦の6月は梅雨明け後で夏真っ盛りであることから、水が枯れてなくなる月

   から来たとされています。

7月 文月

   短冊に歌や字を書く七夕の行事から「文被月(ふみひろげづき)」から来たとい

   う説と、稲穂が膨らむ月「ふくみ月」から来たという説があります。

8月 葉月

   葉の落ちる月「葉落月(はおちづき)」が転じてるといわれています。

   現在では8月ですが、旧暦では秋の紅葉のため葉が落ちると。

9月 長月

   秋の夜長を意味する「夜長月(よながつき)」の略で「長月」になったと

   いわれています。

10月 神無月・神在月

   八百万の神々が、出雲へ会議に行くため、全国的には神無月

   出雲だけは神在月と呼ばれています。

11月 霜月

   霜が降る月、という意味。「霜降月(しもふりつき)」から来たとも。

12月 師走

   12月は僧(師)を迎えてお経を読んでもらう月でもあったため。

   師が馳せる月「師馳す」から来たとも、その後、「走」という漢字が

   充てられたといわれています。

最後に

どうでしたか?

師走はなかなか有名で、普段はのんびりしている師も走り回るほど忙しいなどと

聞いたこともありますよね?

 

そして、その月、その月には過去を生きた人達の思いが込められていた和風月名でした。

 

ですが、現在と旧暦ではやっぱり差があり、少し違和感がありますね?笑

 

この記事を読んで、少しでも歴史のことに興味を持ってもらえたらと思います。