秋風邪の予防、しっかりできてる?

f:id:ypen:20191008132751j:plain

秋にも風邪はあるんです

はじめに

皆さんは、風邪の予防ってどうしていますか?

マスクをしたり、除菌をしたり?

確かに有効ですが、それだけではないんです!

 

というわけで、今回は、そんな風邪の予防について書いていきたいと思います。

 

秋風邪?

風邪って聞くと、乾燥していて寒い時期、冬に流行するものって思って

いませんか?

 

実は、夏風邪という言葉もあり、夏にも風邪が流行しますし、

秋風邪といって、秋にも流行しやすいんです。

 

特に、季節の変わり目に風邪が流行しやすく、

機構の急激な変化に体がついていかない場合に起こる場合が多いです。

秋風邪の原因は?

夏風邪は主に、冷房の効きすぎが原因なんですが、

秋風邪は、急激な気候の変化が原因となっています。

 

特に今くらいの時期は、朝晩が肌寒く、日中は夏のように暑いため、

身体が温度変化についていけず、また、寝るときはそれほどでもなくても

深夜は冷えるため、寒いまま寝ていたりしてしまいますので、

その時の寒暖の差から風邪を引いてしまうのです。

 

そしてもう1つ、気温の変化もありますが、湿度の変化もあるんです。

湿度が下がるとウイルスの動きも活性化してきますし、

逆に喉を守っている粘膜も乾燥で乾いてきてしまうため、風邪を引きやすく

なってしまっているんです。

秋風邪の予防方法は?

秋風邪の予防方法にはいくつかあります。

また、他の季節の風邪にも予防になりますので、

まとめて行きます。

十分な睡眠

なによりも、体は寝ている間に正常な状態に戻す力が強くなり、

寝ている間に外的と戦っています。

 

そのため、睡眠が少ないと、体をうまく整えることができず、また、

体力も落ち、自律神経も乱れてきてしまうので、睡眠はしっかり

とるようにしましょう。

大人では7~8時間が、

子供では10時間程度が理想といわれています。

 

ですが個人差もあるので、起きたときに疲れが残っていなく、

すっきり起きられればそれが最適です。

食事の大切さ

秋や野菜もおいしくなりますよね?

さつまいもや、カボチャ、栗とか、後はサトイモとかキノコ系もそうですね。

 

夏が終わり食欲も出てきたからと言ってお肉ばかりでは体が疲れてしまいます。

 

ですので、野菜をしっかりとることでビタミンや、酵素を補うことができます。

また、旬のものもその季節で必要な栄養をもっているものが多いので、

旬の野菜をたくさん食べ、体の抵抗力を高めることも大切です。

湿度に気を付けよう

気温が下がってくると、自然と湿度も下がっていってしまいます。

そうなるとウイルスの行動しやすい環境になってしまいますので、

 

湿度は60%を保つようにしましょう。

加湿器でもいいですし、

部屋に濡れたタオルとかをかけておくだけでも違います。

マスクをしよう

風邪はウイルスがのどや鼻に侵入することが原因で起きますので、

マスクでのどと鼻を守ってあげることも大切です。

 

外のウイルスも入ってきませんし、もし自分がかかっていた場合、

周りに移すのも予防することができます。

 

また、マスクをすると息の湿気がこもりますので、

マスクの中は湿度も確保することができます。

うがいと手洗い

基本的にうちで風邪になる場合は、外からウイルスを持ってきている

と考えていいです。

 

そのため、室内に入るときは、うがいでのどについたウイルスを落とし、

手洗いで手についたウイルスを落とすことが大切です。

最後に

基本的に風邪の予防は1年を通して変わりませんが、

秋風邪は特にその寒暖の差からきていますので、

夜はしっかり暖かくして寝ること、

汗をかいたらそのままにしないことが大切となってきますので

この記事を読んで、少しでも予防になればと思います。