台風の警戒レベルって知ってる?

f:id:ypen:20191012171221j:plain

はじめに

 

お疲れ様です。

今、台風19号が接近し、各地で雨や風が強くなっているころだと思います。

そういう家も、台風の直撃される位置にあり、

 

朝から職場にはいってきましたが、警戒レベルが4に達したため、

すぐにお店を閉めて帰宅しました。

 

ですが、その警戒レベルって知らない人も多いと思いますので、

今回は、台風の警戒レベルについて書いていきたいと思います。

台風の警戒レベル

この台風の警戒レベルにはレベル1~レベル5までの

5段階がありますので、詳しく見ていきましょう。

警戒レベル1

災害への心構えを高める必要があることを示す警戒レベルです。

最新の防災気象情報などをしっかり確認し、

災害への心構えを高めるための警戒レベルです。

 

早期注意情報(警報級の可能性)

大雨に関して、明日までの期間に(高)または(中)が予測されている場合。

 

住民がとるべき行動

 災害への心構えを高める。

市町村の対応

 特になし(職員の連絡体制を確認)

警戒レベル2

避難行動の確認が必要とされる警戒レベルです。

ハザードマップなどにより、災害が想定されている区域や避難先、

避難経路を確認するための警戒レベル。

 

大雨注意報・洪水注意報・高潮注意報・氾濫注意報

 

住民がとるべき行動

 ハザードマップ等で避難行動を確認

市町村の対応

 第一次防災体制(連絡要員を配置)

 第二次防災体制(避難準備)

警戒レベル3

地元の自治体が避難準備、高齢者等の避難開始を発令する目安となる警戒レベルです。

高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル。

災害が想定されている区域等では、自治体からの避難準備や、

高齢者等の避難開始の発令、危険度分布や、河川の水位情報などを用いて、

高齢者等は自らの避難を判断する警戒レベル。

 

大雨警報(土砂災害)・洪水警報・氾濫警戒・高潮注意報

 

住民がとるべき行動

 避難準備が整い次第避難開始

 高齢者等は速やかに避難

市町村の対応

 避難準備・高齢者等避難開始

 第三次防災体制(避難勧告の発令を判断できる体制)

警戒レベル4

地元の自治体が避難勧告を発令する目安となる警戒レベル。

災害が想定されている地域等では、自治体からの避難勧告の発令。

避難勧告が発令されていなくても危険度分布や河川の水位情報等を用いて、自ら避難の判断をする警戒レベル。

 

土砂災害警戒情報・氾濫危険情報・高潮特別警報

 

住民がとるべき行動

 速やかに避難

市町村の対応

 避難勧告

 第四次防災体制

 避難指示(緊急)

警戒レベル5

災害がすでに発生していることを示す警戒レベル。

何らかの災害がすでに発停している可能性が極めて高い状態。

命を守るための最善行動をとる警戒レベル。

 

住民がとるべき行動

 災害がすでに発生しているので、

  命を守るための最善の行動をとる。

市町村の対応 

 災害発生情報

最後に

今回は、気象庁の定めた警戒レベルを元に書いてみました。

災害は誰にも訪れるものです、そして、その警戒レベルを知らない、

そのレベルが何を示しているのかわからないというのは、

時と場合によっては命にかかわるので、この記事を読んで

少しでも知ってもらえたらと思います。

 

また、今日、自分は仕事でしたが警戒レベルが4になって避難の必要あり

となり、早めに自宅に帰り、供えました。

 

みなさんも、しっかりと準備をし、その後は慌てず、落ち着いて行動

してください。