逢魔が時って何?

f:id:ypen:20191016100500j:plain

はじめに

みなさんは「逢魔が時」って聞いたことありますか?

 

怖い系のお話にはたまに出てきますが、逢魔が時には悪いことが

起こる、よくない時間、などとも言われていますが、

今回は、そんな逢魔が時について書いていきたいと思います。

 

逢魔が時

読み方は逢魔が時(おうまがとき)と呼びます。

 

意味としては「夕暮れ時」とされていますね。

 

逢魔が時は夕暮れ時のこと。

夕方の周りが薄暗くなり、周りの景色が見えにくくなり始める時のことを指します。

よくない時間?

逢魔が時はよくない時間、悪いことが起こる時間として人している人も多いのでは?

特に、怖いお話とかではだいたい逢魔が時に何かが起こるから

そういう認識になっているのかも?

 

そして、そんな逢魔が時には、「魔物に遭遇する時間」とも言われています。

 

そして、逢魔が時「魔に遭う時」と書き表すように

魔物や妖怪などに遭遇する怪しい時、といわれてもいます。

 

昔は夕方に薄暗くなってきたくらいに大きな災害に出くわす、

と信じられていたことがあり、薄暗く周りが見にくくなる時間は不吉な

時間であることを、意識しよう。注意しよう。

 

という呼びかけでもあるという説もあり、

「魔物や、妖怪、怪しいものに警戒する」

といった意味も込められているようです。

逢魔が時・大禍時・黄昏時

逢魔が時(おうまがとき)・大禍時(おおまがとき)・黄昏時(たそがれどき)は同じ時間を指す言葉です。

大禍時

大禍時とは、「大禍」と「時」という漢字でできています。

 

大禍という言葉自体は、「たいか」と読みます。

そして、大過の意味は「大きなわざわい、大きな災難」という意味があります。

 

ですから「大禍時」は

「大きな災いの起きやすい時間」となりますので、

逢魔が時と同じく、夕暮れ時の危険さを示しています。

黄昏時

黄昏時は意味としては「夕暮れ、夕方の薄暗い時間」という意味です。

 

逢魔が時や大禍時と同じように、夕暮れ時、周りが薄暗くなり、

周りが見えにくくなる時を示しています。

 

そして、黄昏は「黄昏る(たそがれる)」という言葉もあり、

「物思いにふける」「ぼーっとする」と

言った意味で使うことが多いと思いますが、実はそれは違います。

 

黄昏るの本来の意味は

「日が暮れて薄暗くなる」「盛りを過ぎて衰える」

という意味があります。

最後に

逢魔が時は夕方、つまり昼と夜が入れ替わるとき、ということです。

 

そして、日本は古来から信仰されていたのは太陽の女神、

天照大神を示すものとされ、その太陽が隠れる時間、

天照大神の加護が弱まり、それまで出てこられなかった妖怪や、あやかし

などが動き始める時間ということもあり、魔に遭う時、などとも

呼ばれてきたらしいです。

 

みなさんも、逢魔が時には気を付けて、暗いところなどに

足を踏み入れないようにしましょうね。